トップページ » 美白に関する悩み » 肌の乾燥と炎症の悩み » 美白化粧品を使うと乾燥や炎症が起きる悩み

美白化粧品を使うと乾燥や炎症が起きる悩み

美白化粧品を使ったときの悩みでよく挙げられるのが、肌が乾燥することや肌が赤くなることです。

これはどちらも美白成分の刺激の強さが原因です。
肌が乾燥するというのは、肌のバリア機能が弱まって上手く機能しないことが原因であることが多いです。
肌のバリア機能というのは、外部からの刺激を防ぐだけでなく、肌の内部から水分が蒸発するのを防ぐ働きがあります。
刺激の強い美白成分を使うことで、バリア機能が弱まり、その結果として肌が乾燥しやすくなります。

肌が赤くなるのも同様に考えられます。
バリア機能が弱くなっているところに、刺激の強い成分を使うことで、肌が炎症を起こしてしまいます。
そうすると肌が乾燥したり、さらにバリア機能が弱くなるという悪循環におちいります。

美白化粧品を使うときは、肌のバリア機能を壊さないものが良いです。
最近ではディセンシア サエルのように、敏感肌専用の美白化粧品も登場しています。
肌に優しいだけでなく、バリア機能を正常化させるようにサポートする成分が配合されています。

美白化粧品を使った後に肌が乾燥したり、肌が赤くなることでお悩みなら、そのような美白化粧品を試してみるのがおすすめです。

それから保湿も重要です。
潤いのある肌はバリア機能も正常に働きやすくなるからです。
肌に潤いを与える美白成分としては、セラミドがおすすめです。
セラミドを配合しているような美白化粧品や保湿化粧品を試してみてください。